足立朝日

ニュースピックアップ

掲載:2021年1月5日号
 武家と農家の役割をあわせ持つ身分の「郷士」。かつては農地を開拓、幕末には武士のように幕府や地域を支え、文化面でも成熟した郷士が足立区に存在した。足立区郷土博物館(大谷田5‐20‐1)で2月23日(火・祝)まで開催されている文化遺産調査特別展「名家のかがやき―近郊郷士の美と文芸―」で、郷士の家に代々伝わる武具や芸術品から、その足跡を見ることができる。
Read the rest of this entry »